最高金利で選んで低金利を探す

消費者金融は他のキャッシングサービスと比較して、無利息期間のサービスで金利を抑えられる魅力やある程度まとまった金額の借り入れができるメリットがあります。できるだけ低金利でまとまったお金を借り入れする場合や、キャッシングを便利に使いこなしたい場合には、消費者金融のキャッシングを選ぶと良さそうです。便利な消費者金融を低金利で利用したいのであれば、注目すべきは「最高金利」です。

消費者金融では、金利の決定を審査で行っています。審査で信用できる人だと認められれば、その分高額の融資が行われ、それに伴って金利が下がる傾向があります。しかし、最初の借り入れ時に高額で低い金利の融資が通る人は限られています。審査がよほど良くなければ、最初はほとんどの人が最高金利で利用することになります。

そのため、消費者金融の金利を選ぶ場合には最高金利を見て比較することが大切です。最低金利は銀行よりも低いこともありますが、それを最初から適用されることはありません。ただし、長期的なお付き合いをして徐々に高額融資を目指していくような場合には、最高金利の次に最低金利もチェックしておきましょう。また、サービスは一度限りであることが多いのですが、無利息期間のある消費者金融ではその条件もチェックする必要があります。

クレジットカードのキャッシングは金利が高め

キャッシングを探す際に、消費者金融以外でつい考えてしまうのはクレジットカードに付帯しているキャッシング枠です。消費者金融からもクレジットカードを発行しているところもありますし、比較的審査が柔軟なものもあるため、一枚くらいはクレジットカードを持っているという人も多いでしょう。クレジットカードにはショッピングだけでなく、キャッシング枠を持っています。これを利用すれば、消費者金融のキャッシングサービスと同じように現金の借り入れができるのです。

ところが、クレジットカードのキャッシング枠の金利は、消費者金融と比較して特に低いわけではありません。最高金利18.0パーセントのところが多く、さらに消費者金融のような無利息期間のサービスなどはありません。そのため、現在持っていて手軽にキャッシングが出来るとはいえど、あまり気軽に利用するのはおすすめしません。

また、キャッシング枠は比較的小さく、使いすぎるとカードショッピングが出来なくなるリスクもあります。まとまったお金を借り入れしたいのであれば、消費者金融の方が便利に使えます。カードをすでに持っていても、できれば消費者金融などで新たにキャッシングの申し込みをした方が安心です。

消費者金融と銀行の金利の差

低金利を目指してキャッシングローンやカードローンを選んでいる場合、消費者金融だけでなく、銀行や信用金庫などの金融機関のキャッシングも気になるでしょう。消費者金融のキャッシングは、銀行や信用金庫などから比べると、あまり金利が低い方ではありません。そのため、銀行などの低金利のキャッシングに大きな魅力を感じるかもしれません。

消費者金融のキャッシング金利の多くは最高で17.80~18.00パーセントとなっています。最低金利は4.5~7.7パーセントと幅がありますが、最高金利にはあまり差がありません。しかし、銀行のキャッシングローンでは平均12.00~14.50パーセント程度となっており、最高金利の多くは13.80~14.60パーセントという低金利となっています。消費者金融と比較すると金利が抑えられていて魅力的に感じるでしょう。

しかし、銀行のキャッシングは審査が厳しく、落ちてしまうリスクが高くなっています。また、すぐにお金が必要な人ではスピードにも不満が出るかもしれません。また、消費者金融では無利息期間のサービスを持っていることが多く、それを利用すると銀行にも劣らないくらい利息を抑えられる可能性もあります。

関連サイト<消費者金融 – NOLOAN