月別: 2016年11月

消費者金融と銀行の金利の差

低金利低金利を目指してキャッシングローンやカードローンを選んでいる場合、消費者金融だけでなく、銀行や信用金庫などの金融機関のキャッシングも気になるでしょう。消費者金融のキャッシングは、銀行や信用金庫などから比べると、あまり金利が低い方ではありません。そのため、銀行などの低金利のキャッシングに大きな魅力を感じるかもしれません。

消費者金融のキャッシング金利の多くは最高で17.80~18.00パーセントとなっています。最低金利は4.5~7.7パーセントと幅がありますが、最高金利にはあまり差がありません。しかし、銀行のキャッシングローンでは平均12.00~14.50パーセント程度となっており、最高金利の多くは13.80~14.60パーセントという低金利となっています。消費者金融と比較すると金利が抑えられていて魅力的に感じるでしょう。

しかし、銀行のキャッシングは審査が厳しく、落ちてしまうリスクが高くなっています。また、すぐにお金が必要な人ではスピードにも不満が出るかもしれません。また、消費者金融では無利息期間のサービスを持っていることが多く、それを利用すると銀行にも劣らないくらい利息を抑えられる可能性もあります。

関連サイト<消費者金融 – NOLOAN

低金利の消費者金融の選び方

消費者金融のキャッシング、カードローンを選ぶ時に、一番気になるのは金利です。金利が高ければその分利息を多く支払うことになり、さらに返済も大変になってしまいます。そのため、消費者金融は金利を比較して低金利のものを探した方が良いでしょう。

消費者金融消費者金融それぞれの金利の差というのは、それほど大きくはありません。キャッシングやカードローンで明示されている金利には幅があり、審査によって最終的にその幅の中から金利が決定します。審査のポイントもそれぞれの会社によって大きく変わることはないので、その金利の幅をチェックすることで金利を比べます。

それぞれの消費者金融における金利の差は僅差となりますが、その小さな違いはたくさんのお金を借りたた場合や、長く借りることで大きな利息の差を生むことがあります。例えば100万円を借りた時に0.5パーセントの金利の差があったら、1年で利息の金額の差は5,000円となります。時間の経過とともに利息は増えていくので、その差は徐々に大きくなり、返済を苦しくすることもあります。

また、キャッシングでは返済の支払い金額に元金と利息が含まれるという返済方法があります。金利が高いと支払い金額内の利息のしめる割合が多くなり、元金の返済が進まないというリスクも起こりそうです。

そのためにも金利をおざなりにして選択するリスクを考えようにして、契約前にきちんと選択できる目を養いましょう。当サイトでは消費者金融で行うキャッシングの金利の差と低金利の選び方を詳しく紹介します。