消費者金融と銀行の金利の差

低金利を目指してキャッシングローンやカードローンを選んでいる場合、消費者金融だけでなく、銀行や信用金庫などの金融機関のキャッシングも気になるでしょう。消費者金融のキャッシングは、銀行や信用金庫などから比べると、あまり金利が低い方ではありません。そのため、銀行などの低金利のキャッシングに大きな魅力を感じるかもしれません。

消費者金融のキャッシング金利の多くは最高で17.80~18.00パーセントとなっています。最低金利は4.5~7.7パーセントと幅がありますが、最高金利にはあまり差がありません。しかし、銀行のキャッシングローンでは平均12.00~14.50パーセント程度となっており、最高金利の多くは13.80~14.60パーセントという低金利となっています。消費者金融と比較すると金利が抑えられていて魅力的に感じるでしょう。

しかし、銀行のキャッシングは審査が厳しく、落ちてしまうリスクが高くなっています。また、すぐにお金が必要な人ではスピードにも不満が出るかもしれません。また、消費者金融では無利息期間のサービスを持っていることが多く、それを利用すると銀行にも劣らないくらい利息を抑えられる可能性もあります。

関連サイト<消費者金融 – NOLOAN

Pocket